MENU

管理薬剤師とは何かについて解説します。

 

医薬品を多数そろえている薬局やドラッグストアでは、管理薬剤師を必ず配置することが必要とされています。他にも医薬品を扱う製造工場などでも必ず配置されるため、医薬品の販売から製造などにも深く関わりがある責任者としての役割もあります。
管理薬剤師とは何かと聞かれたら、こうした医薬品の販売店や製造工場で薬品を管理するために、必要な薬剤師のことを言うとされ、薬剤師の資格がベースとなっている責任者です。管理業務は医薬品そのものに対して行う点と、それ以外に薬品を扱う人に対して行う点もあります。

 

つまり他の薬剤師、薬剤師以外の従業員が適切に対応をしているかどうかの監督、医薬品などの保管方法、不良品・有効期限切れなどの取り扱いの管理を行う業務の二つに分かれます。つまり物と人とのマネジメント業務を行うのが管理薬剤師の主な業務となります。

 

管理薬剤師になるためには薬剤師の他に資格を必要とするものではなく、管理業務を行うことができる薬剤師であればなることが可能です。ただ実際には実務経験を必要として、マネジメント業務を行った経験を必要とすることも多く、実際に店舗で3年ほど働き続け修行する中で、大体の業務をマスターすることもできます。

 

近年は街中にもドラッグストアが多数展開されており、二店舗にまたがって兼任することができず店舗ごとに管理薬剤師を配置しなければならないため、その需要も起きています。求人募集でも管理薬剤師の募集も多く見られ、新卒の薬剤師でも率先して管理薬剤師に抜擢することも見られるほどです。

 

店舗によっては、管理薬剤師がそのまま店長に任命されることもありますが、店長の配下で医薬品の管理業務を行うケースも見られます。店舗に薬剤師が一人しかいない場合には、その薬剤師がそのまま管理薬剤師になります。

 

薬剤師の資格を持った人材が集まりにくい背景も存在するため、求人に応募した場合は採用されやすかったりすることも多く、実務経験がなくても実務をしながらマスターしていく形で働く形態が多いです。

 

 

管理薬剤師の年収相場について解説します。

 

管理薬剤師の年収相場は製造メーカーが1番高く、続いてドラッグストア・調剤薬局・病院の順になります。管理薬剤師という名称ですが、特に必要な資格はありません。勿論薬剤師の資格を保有している事が条件ですが、新たに資格を取得する必要はありません。
仕事内容は薬剤師としての仕事も含みますが、業務内容は管理や申請といったデスクワークもあります。まとめると医療保険の薬剤師としての仕事・従業員への指導や監督管理業務・事業所の管理業務となります。事業所の管理業務とは勤める場所にもよりますが、仕入れや調剤・問い合わせ対応といった経営に関する事です。

 

管理薬剤師はこれらの責任のある事を担うので、一般的には手当が付与されます。調剤薬局やドラッグストアでは平均して月に4万円程の額になります。調剤薬局やドラッグストアでは店長を兼ねている場合がありますので、その場合経営状況にもよりますが平均年収は600万円程になります。

 

 

1番年収の高い製造メーカーでは、年収は700万円以上になります。製造メーカーなので新薬の申請や問い合わせ対応などデスクワークも多くなり、営業職にも説明・指導していく必要もあります。多くの業務をこなす責任ある立場である事から、年収は高くなります。勤める企業が大手の場合はこれ以上であり、福利厚生も厚くなります。
これらの管理薬剤師が勤める場所の中で、病院は少し違います。病院では昇進によって管理薬剤師になります。基本的に年収は勤務年数によって昇給していきますので、管理薬剤師として働き年収が増えるかは昇進によります。病院の場合、まずは一般薬剤師として働きます。薬剤師の数も製造メーカーよりも多く、管理薬剤師には指導や管理できるコミュニケーション能力も問われます。
病院でその職につくと年収相場は500万円以上になります。病院の規模によって差はあります。
どの職場でも規模や経営状況によって違いはありますが、管理薬剤師の平均年収相場は総じて高く安定していると言えます。

 

 

管理薬剤師を目指す

 

 

管理薬剤師とは店舗や薬局などで薬剤を管理する業務や従業員の指導などを幅広く行う薬剤師のことです。病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業など医薬品の製造・販売を行う場所では管理薬剤師を配置することが薬事法によって定められています。昨今、ドラッグストアが各地にオープンしていることからもその重要性が分かります。

 

管理薬剤師になる上では薬剤師以外の特別な資格は必要ありません。ただし、薬の知識だけでなく管理する能力も必要となります。また、指導する立場に回るので薬剤法に関する法律や保健医療に関する専門的な知識も要求されます。その力をどうやって身につけるかというとやはり実務経験です。各店舗には管理薬剤師にあたる方がいらっしゃるはずなので、その方から学びつつ、自分の能力を高めていくことが重要となります。それぞれに個性があることも大切なので、独自性を追求することも1つの方法です。雇用側は能力や実務経験、知識などを総合的に判断します。多くの方と接する機会が多く、薬に関する解説を行うこともあるのでコミュニケーション能力も採用基準になっています。

 

薬剤師のキャリアアップにもなることはもちろん、そこでマネージメントや経営のノウハウを身につければさらに新しいステップへと向かうことが可能です。独立を考えている方にとってはこの役職での経験はかなり活かされると考えられます。店舗に1人しかいない場合は必然的に管理薬剤師として働くことになります。敢えてそういう状況になるような職場を選択し、徹底的にノウハウを学ぶという方法もあります。業務は大変になりますが、必然的に待遇も良くなります。職場ごとに管理する規模が異なることも覚えておきましょう。例えば数人の店舗をまとめるのと、数十人をまとめるのでは大きく異なります。いずれの役割を担うにしても職場環境の影響を受けることも考えられるので、転職の際には慎重な選択が必要となります。

 

 

管理薬剤師に求められるスキルと転職活動

 

管理薬剤師さんは主に会社などの企業でお仕事をしていくことが多くなります。ドラッグストアや薬局であれば店長としてお仕事をしていくことになるでしょう。ドラッグストアや薬局では基本的に管理薬剤師は一人しか在籍していません。店長のお仕事を任されるようになるため、普通の薬剤師さんよりは責任が重くなるもののやりがいを感じることもできます

 

。管理薬剤師になるためには何か特別な資格が必要なのではないかと思われがちですが、実は資格を取得する必要性はありません。薬剤師さんであれば誰でも管理薬剤師としてお仕事をすることが出来るようになりますので、安心していただきたいです。もちろん薬剤師としての経験はある程度必要になるのですが、管理薬剤師さんに求められるスキルというのは一つの店舗をしっかりと管理することです。これはドラッグストアや薬局に限らず一般企業で働く場合でも同じです。管理することを任されるお仕事ですから、管理薬剤師さんにはヘルプで他の店舗に出向くことも許されていません。

 

普通の薬剤師さんの場合はヘルプとして他の店舗でお仕事をすることが多々あるものですが、管理薬剤師さんは一つの店舗を管理する責任があるのでヘルプのお仕事はできません。ただ特別な資格を取得しないといけない職業ではありませんから、管理すること以外のスキルを求められることは特にないです。

 

あとは他の薬剤師さんと同じような経験があれば問題ないでしょう。管理薬剤師さんが転職活動をする場合は、求人情報誌や公共職業安定所を使うよりも薬剤師専門の転職紹介サービスを利用したほうが良いです。転職紹介サービスなら条件の良い求人情報も多く、パートやアルバイト等で働くこともできるようになります。必ず正社員として働かなくてはいけないわけでもないので、プライベートな時間を増やすことも可能です。給与が高い求人情報なども見つけやすいので転職紹介サービスを使ってみてください。


T1(821)
福井県
愛知県
静岡県
福岡県
兵庫県
新潟県
和歌山県
広島県
鳥取県
富山県
京都府
山口県
山梨県
愛媛県
千葉県
熊本県
徳島県
沖縄県
山形県
奈良県
宮崎県
岡山県
石川県
香川県
滋賀県
栃木県
神奈川県
東京都
長崎県
佐賀県
宮城県
長野県
三重県
鹿児島県
大阪府
埼玉県
岩手県
高知県
北海道
群馬県
福島県
青森県
秋田県
大分県
茨城県
岐阜県
島根県
T2(821)