MENU

薬剤師、管理薬剤師の仕事とは?

 

薬剤師さんのお仕事というのは、医療機関やドラッグストアなどに在籍して処方せんに基づく調剤はもちろん患者さんへの服用の説明を行います。また医療用の医薬品や一般向けの医薬品に至るまで幅広く販売したり、その医薬品について説明を行うようなお仕事をしていくことになります。医療機関やドラッグストアなどで調剤を行うようなお仕事だけではなくて、医薬品の開発のための研究を行ったり学校などの環境衛生管理を行うこともあります。薬剤師さんは幅広くお仕事をしていくことができますので、とてもやりがいのある職業です。

 

一方で管理薬剤師さんのお仕事は企業やドラッグストアなどに在籍することが多いのですが、店長としてお仕事をしていくことになるので責任があります。管理を任されるお仕事ですから、一般の薬剤師さんのように他の店舗に足を運んでヘルプのお仕事をすることはできません。一つの店舗をしっかりと管理することが管理薬剤師さんのお仕事ですから、Wワークなども許されないでしょう。ただ管理薬剤師は資格を取得する必要もなく、薬剤師さんなら誰でも目指すことができる職業です。

 

管理をするお仕事以外は一般の薬剤師さんと同じですから特別な資格は必要ありません。おまけに正社員として勤務するだけではなくパートやアルバイトで勤務することも可能ですので、育児をしながら働かなくてはいけない薬剤師さんにも最適です。管理薬剤師になると給与も少しアップしますので、高給与のお仕事がしたい方にも適しています。ただドラッグストアや薬局には一人しか在籍することができず、競争率が激しいのも事実です。公共職業安定所などでは求人情報を見つけることが難しいので、薬剤師向けの求人紹介サービスを利用しながら管理薬剤師の求人情報を探すようにしましょう。公共職業安定所に比べると求人情報の量が断然多いですし、条件の良い管理薬剤師の求人情報を早めに見つけることもできるのでお勧めです。

 

 

薬剤師、管理薬剤師に転職するコツ

 

薬剤師の資格を取得することによって、管理薬剤師としてお仕事をしていくことができます。管理薬剤師というのは主に会社などの企業に在籍していますが、薬局やドラッグストアにも一人は必ず在籍しています。薬局やドラッグストアですと店長という形で在籍することになりますから、普通の薬剤師としてお仕事を続けていくよりも給与が高くなりますし、キャリアアップしたい薬剤師さんには特に適しています。ただ管理薬剤師は病院には在籍していません。

 

病院はマネージャーや薬事部長といった役職でお仕事をすることになりますので、病院で働きたい場合は役職に就く必要があるでしょう。薬剤師さんが管理薬剤師として転職をするためには、ハローワークや普通の転職サイトで求人情報を探すのではなくて薬剤師専門の求人紹介サイトを利用するのが一番の近道です。特別な資格は必要ありませんし、ある程度の経験があれば誰でも管理薬剤師として働くことができるようになります。ただ薬局やドラッグストアなどの職場では基本的に一人しかいませんし、企業の求人情報を見つけることもそう簡単ではないです。求人紹介サイトを利用しながら管理薬剤師を募集している職場を探したほうが効率が良いので、試していただきたいです。また管理薬剤師はパートやアルバイトや派遣と言う形でもお仕事をしていくことが可能です。育児をしながら働きたい方や、もっとプライベートな時間を充実させたいと考えている方にはパートやアルバイトや派遣で働くのが一番良い方法かもしれません。

 

パートやアルバイトでしたら一般の求人情報誌を利用して転職先を探すこともできますが、やはり好条件の求人情報は少ないのでパートやアルバイトや派遣の求人を主に取り扱っている薬剤師専門の求人サイトを利用したほうがいいでしょう。好条件の求人情報も多いですし管理薬剤師を募集している職場も比較的すぐに見つかるはずなので、まずは登録してみてください。

 

 

管理薬剤師に必要なスキルとは

 

管理薬剤師になるためには、薬剤師資格以外の特別な資格は必要ありません。通常の調剤業務以外にもいろいろな仕事を行う必要があるため、3年以上の経験を求められることが多いようです。
管理薬剤師には、責任感、向上心、管理能力、コミュニケーション能力、経営者視点といったスキルが求められます。
まずは責任感です。管理薬剤師は調剤業務以外にも、人的管理や経営管理、体外管理など様々な管理業務を行う必要があります。調剤ミスが発生したりクレームが入ったりすれば、薬局の最終責任者として適切に対応しなければなりません。薬局の「顔」として、責任感を持って業務に当たることが求められます。

 

向上心も必要なスキルです。管理薬剤師になるとその薬局から動くことがなくなり、処方箋もある程度決まった内容のものしか扱わなくなることが多々あります。人間、居場所が決まってしまうとどうしてもそこから次の行動に移せなくなってしまうものです。そんな状態を打破すべく自ら動き新しい情報を仕入れようとする向上心が、非常に大切になってきます。

 

管理能力は実務を行う上で重要になってくるスキルです。薬品管理はそれぞれの医薬品について十分な知識を持っていなければなりませんし、薬剤の知識だけではなく法律や法規、保険請求などの知識が求められることもあります。

 

コミュニケーション能力は特に大切なスキルです。管理薬剤師はスタッフのシフト調節や教育指導なども行うので、職場環境を整えて気持ち良く仕事をするためにも、職員同士と会話をして職場の微妙な人間関係を調節することが大切になってきます。薬局内だけではなく、医師やメーカー、卸業者などの対外関係も重要になるため、コミュニケーションは特に重要視されているのです。
場合によっては経営者としての視点も求められます。コストを削減することはもちろんですが、調剤報酬を気にしながら業務を行い、薬局の収益を上げるように努力する必要があるのです。

 


T1(821)
青森県
岐阜県
福井県
佐賀県
滋賀県
秋田県
奈良県
茨城県
鳥取県
栃木県
福岡県
神奈川県
山形県
福島県
大阪府
新潟県
北海道
和歌山県
高知県
香川県
宮崎県
広島県
長崎県
富山県
島根県
静岡県
埼玉県
山口県
沖縄県
鹿児島県
東京都
京都府
石川県
岩手県
長野県
愛媛県
徳島県
山梨県
千葉県
三重県
兵庫県
大分県
岡山県
群馬県
宮城県
愛知県
熊本県
T2(821)